ミヤコカナワラビ Arachniodes kiotensis

オシダ科 カナワラビ属

樹冠に覆われた河原の林床に群生するミヤコカナワラビ。2016年8月5日 和歌山県新宮市

生育している環境:両側に山が迫る谷、樹齢を経たスギが生育する流れのそばの河原の林床に群生する。
観察された特徴:まだ、胞子の状態を確認していない。雑種の可能性もある。常緑性。葉の大きさは45~55㎝。ホソバカナワラビに似るが頂羽片・側羽片の幅が広い。あらためて胞子や根茎の状態を調べてみたい。

ミヤコカナワラビ、羽片。2016年8月5日 和歌山県新宮市 ミヤコカナワラビ、頂羽片。2016年8月5日 和歌山県新宮市
(1)ミヤコカナワラビ、羽片
(2)ミヤコカナワラビ、頂羽片

ミヤコカナワラビ、胞子嚢群。2016年8月5日 和歌山県新宮市 ミヤコカナワラビ、包膜。2016年8月5日 和歌山県新宮市
(1)ミヤコカナワラビ、胞子嚢群
(2)ミヤコカナワラビ、包膜



戻る