ヤクシマホウビシダ

チャセンシダ科 ホウビシダ属  

ヤクシマホウビシダ。2017年8月10日 新宮

生育している環境:切り立った岩壁に群生、岩の陰になり薄暗いが水が滴り落ちるほどではない。

観察された特徴:常緑性。葉の大きさは12~15㎝と小さい。幅は2.5~3.0㎝。葉は薄く暗緑色・半透明でやや透けて見える感じがする。葉や中軸には細かい毛が生えている。胞子嚢群は羽片中肋の後側に優先してついていた。

生育確認数:1地点。新宮。

岩に着生するヤクシマホウビシダ。2017年8月10日 新宮 ヤクシマホウビシダ、葉身。2017年8月10日 新宮 
(1),(2)岩に着生するヤクシマホウビシダ
(1),(2)ヤクシマホウビシダ、葉身
ヤクシマホウビシダ、羽片および中軸。2017年8月10日 新宮 ヤクシマホウビシダ、最下羽片。2017年8月10日 新宮
(1),(2)ヤクシマホウビシダ、羽片および中軸
(1),(2)ヤクシマホウビシダ、最下羽片

ヤクシマホウビシダ、胞子嚢群。2017年8月10日 新宮
ヤクシマホウビシダ、胞子嚢群



戻る