リュウビンタイ

リュウビンタイ科 リュウビンタイ属  Angiopteris lygodiifolia

リュウビンタイ。2016年12月25日和歌山県新宮市

生育している環境:渓谷を形成するスギ林林床斜面。渓谷沿いにも見られるが、大きく成長した株は渓谷よりも少し上部のスギ林林床斜面。
観察された特徴:常緑性。根茎は塊状。葉の大きさは1.0~2.0m。葉は非常に厚く長楕円形、葉を込み合ってつける。
生育確認数:1地点。3株。

リュウビンタイ、葉柄。2016年12月25日和歌山県新宮市 リュウビンタイ、葉柄。2016年12月25日和歌山県新宮市
リュウビンタイ、葉柄(上左)
リュウビンタイ、幼株(上右)

リュウビンタイ、羽片016年12月25日和歌山県新宮市 リュウビンタイ、羽片裏側。2016年12月25日和歌山県新宮市
リュウビンタイ、羽片(上左)
リュウビンタイ、羽片裏側(上右)

リュウビンタイ、胞子のう群。2016年12月25日和歌山県新宮市 リュウビンタイ、胞子のう群。2016年12月25日和歌山県新宮市
リュウビンタイ、胞子のう群(上左、上右)



戻る