ホソバイヌワラビ

メシダ科 メシダ属 Athyrium iseanum

標本1
スギ植林地林床に生育するホソバイヌワラビ。2016年7月25日 福井九頭龍川中流 
生育している環境:スギ植林地林床にやや普通に生育。九頭龍川では中流域およびクズリュウホソバイヌワラビトガリバイヌワラビを確認した上流域の同じ森にも生育していました。
観察された特徴:夏緑性。葉柄はえんじ色~淡緑色。葉柄基部の鱗片は褐色~黒褐色・狭披針形。葉の大きさは35~45㎝、長卵状楕円形~卵状楕円形、鮮緑色~深緑色。羽片は披針形。羽軸・小羽軸上には長い刺が生える。羽軸の裏側には白い短毛がつく。秋には中軸の先のほうに無性芽をつける。
生育確認数:やや普通に見られる。九頭竜湖、永平寺。

ホソバイヌワラビ、最下羽片。2016年7月25日 福井九頭龍川中流
ホソバイヌワラビ、最下羽片

ホソバイヌワラビ、葉柄基部。2016年7月25日 福井九頭龍川中流 ホソバイヌワラビ、葉柄基部の鱗片。2016年7月25日 福井九頭龍川中流
(1)(2)ホソバイヌワラビ、葉柄基部の鱗片

ホソバイヌワラビ、小羽片。2016年7月25日 福井九頭龍川中流 ホソバイヌワラ包膜。2016年7月25日 福井九頭龍川中流
(1)ホソバイヌワラビ、小羽片
(2)ホソバイヌワラビ、包膜



標本2
ホソバイヌワラビ。2016年7月29日 九頭龍川上流

ホソバイヌワラビ、葉柄基部の鱗片は狭披針形。2016年7月29日 九頭龍川上流 ホソバイヌワラビ、葉柄基部の鱗片は狭披針形。2016年7月29日 九頭龍川上流
(1),(2)ホソバイヌワラビ、葉柄基部の鱗片

ホソバイヌワラビ、小羽片。2016年7月29日 九頭龍川上流 ホソバイヌワラビ、胞子嚢群。2016年7月29日 九頭龍川上流
(1)ホソバイヌワラビ、小羽片
(2)ホソバイヌワラビ、胞子嚢群



戻る