イワヤナギシダ Loxogramme salicifolia

ウラボシ科 サジラン属 

標本1
苔むした大木の樹幹に生育するイワヤナギシダ。2016年2月28日 屋久島 屋久杉ランド

生育している環境:標高600~800で観察。湿度が高い屋久杉の森、樹幹に着生。
観察された特徴:葉の大きさは10~25㎝。単葉、倒披針形(ネクタイ形)。中肋葉葉の表側で多少盛り上がる。棒状の胞子嚢群はサジランに比べ、中肋に対してより鋭角的につく。

標本2
苔むした大木の樹幹に生育するイワヤナギシダ。2021年3月-4月 屋久島 白谷雲水峡
苔むした大木の樹幹に生育するイワヤナギシダ

イワヤナギシダ、根茎は褐色の鱗片に密に覆われる。2021年3月-4月 屋久島 白谷雲水峡 イワヤナギシダ、胞子嚢群は棒状、中肋に対して鋭角的につく。2021年3月-4月 屋久島 白谷雲水峡
(1)イワヤナギシダ、根茎
(2)イワヤナギシダ、胞子嚢群

標本3
アツイタやヒロハアツイタとともに群生するイワヤナギシダ。2021年3月-4月 屋久島 白谷雲水峡
アツイタやヒロハアツイタとともに群生するイワヤナギシダ

イワヤナギシダ、中肋は葉の表面でやや盛り上がる。2021年3月-4月 屋久島 白谷雲水峡
(1)(2)樹幹の着生するイワヤナギシダ



戻る