オオイワヒトデ    

ウラボシ科 オキノクリハラン属 Leptochilus neopothifolius

オオイワヒトデ。2017年3月31日 小瀬田 大川

生育している環境:ウエットな渓谷や湿った森の林床で普通に見られる。葉の大きさは30~80㎝。栄養葉と胞子葉の区別は不明瞭。側羽片の数は多く4~12対。

オオイワヒトデ、葉身。2017年3月31日 小瀬田 大川 オオイワヒトデ、葉身。2017年3月31日 小瀬田 大川
オオイワヒトデ、葉身(上左、上右)

オオイワヒトデ、胞子嚢群。2017年3月31日 小瀬田 大川 オオイワヒトデ、胞子嚢群。2017年3月31日 小瀬田 大川
オオイワヒトデ、胞子嚢群(上左、上右)

オオイワヒトデ、葉脈。2017年3月31日 小瀬田 大川 オオイワヒトデ、葉脈。2017年3月31日 小瀬田 大川
オオイワヒトデ、葉脈(上左、上右)

オオイワヒトデ、幼株。2017年3月31日 小瀬田 大川
オオイワヒトデ、幼株



標本2 海岸林、ウエットな林床で
ウエットな海岸林や人家のそばの林内を流れる川のそばで見られたオオイワヒトデ。葉の大きさは80㎝。2021年3月-4月 田代海岸
(1)ウエットな海岸林や人家のそばの林内を流れる川のそばで見られたオオイワヒトデ

海岸林の林内を流れる川のそばで見られたオオイワヒトデ。葉の大きさは80㎝。2021年3月-4月 田代海岸 オオイワヒトデ。2017年3月31日  田代海岸
(2)海岸林の林内で群生するオオイワヒトデ
(3)海岸林の林内を流れる川のそばで見られたオオイワヒトデ

 



戻る