オオバミヤマノコギリシダDiplazium hayatamae

メシダ科 ノコギリシダ属

オオバミヤマノコギリシダ。2017年10月9日 モッチョム岳

生育している環境:山麓の森~標高800mヤクスギの森まで見られる。付近にはミヤマノコギリシダやホソバノコギリシダも生育。

観察された特徴:長い葉を立ち上げる。葉の大きさは葉柄を含め1m近くになる。葉柄は葉身と同長~やや短い。最下羽片の柄は1㎝以上になることがある。葉は披針形、1回羽状複葉。羽片は中裂する。胞子嚢群は裂片中肋と辺縁の中間につき、裂片の中肋に直線的につく。

叢生した葉を立ち上げるオオバミヤマノコギリシダ。2017年10月9日 モッチョム岳
叢生した葉を立ち上げるオオバミヤマノコギリシダ

オオバミヤマノコギリシダ、最下羽片の柄は1㎝以上になることがある。2017年10月9日 モッチョム岳 オオバミヤマノコギリシダ、胞子嚢群は裂片中肋と辺縁の中間につく。2017年10月9日 モッチョム岳
オオバミヤマノコギリシダ、1㎝以上の柄をつける最下羽片
オオバミヤマノコギリシダ、胞子嚢群は中間につく



戻る