オオバヤリノホラン(雑種)   

ウラボシ科 オキノクリハラン属 Leptochilus henryi

オオバヤリノホラン(胞子葉:上と栄養葉:下)。2017年4月2日 永久保

生育している環境:照葉樹海岸林ウエットな林床等で観察。葉は単葉。栄養葉は林床に葉を広げ、胞子葉は立ち上がる。
観察された特徴:雑種と思われる。葉の一部が非対称であったり、先端が二股になったりする個体が多く目についた。雑種と考えられるが親種の見当が付かない。周辺にはオオイワヒトデ・ヤリノホクリハラン・シンテンウラボシなどが群生している。葉の大きさは、胞子葉では30~50㎝。葉身の基部は翼となって葉柄に流れるが栄養葉では翼は葉柄下部まであり、胞子葉では翼は短い。葉脈は栄養葉ではより広い角度で開出気味につき、胞子葉で栄養葉にくらべ鋭角的につく。

照葉樹海岸林ウエットな林床に生育するオオバヤリノホラン。2017年4月2日 永久保 照葉樹海岸林ウエットな林床に生育するオオバヤリノホラン。2017年4月2日 永久保
(1),(2)照葉樹海岸林ウエットな林床に生育するオオバヤリノホラン

オオバヤリノホラン、胞子葉では葉脈は栄養葉にくらべ鋭角的につく。2017年4月2日 永久保 オオバヤリノホラン、栄養葉では葉脈は胞子葉にくらべ開出気味につく。2017年4月2日 永久保
(1)オオバヤリノホラン、胞子葉
(2)オオバヤリノホラン、栄養葉