ニセシロヤマシダ Diplazium taiwanense 

ニセコクモウヒロハノコギリシダ:仮称(ニセコクモウクジャク×ヒロハノコギリシダ)

メシダ科 ノコギリシダ属

詳しい方にご教示いただき訂正させていただきました。

ニセシロヤマシダ<del>ニセコクモウヒロハノコギリシダ</del>。右下はニセコクモウクジャク。2017年4月2日 永久保
ニセシロヤマシダニセコクモウヒロハノコギリシダ。右下はニセコクモウクジャク。

生育している環境:詳しい方にご教示いただきニセシロヤマシダに訂正させていただきます。ニセコクモウクジャクとヒロハノコギリシダの雑種と推定される。海に近い照葉樹林下林床でニセコクモウクジャクと一緒に生育。葉の大きさは90~140㎝。小羽片は有柄で小羽片の基部は切形~広いクサビ形。胞子嚢群はやや辺縁寄り~中間性でやや長く(場所によっては辺縁寄りであったり中肋寄りであったりする)。ニセコクモウクジャクと似ている点、①ニセコクモウクジャクを一緒に生育している。②小羽片基部では胞子嚢群の中には辺縁寄りのものも混ざる。ヒロハノコギリシダに似ている点、①小羽片の辺縁は中~浅鋸歯。②小羽片上部では胞子嚢群の中には中肋寄りにつくものが混ざる。

海に近い照葉樹林下林床にニセコクモウクジャクと共に群生するニセシロヤマシダ<del>ニセコクモウヒロハノコギリシダ</del>。2017年4月2日 永久保
海に近い照葉樹林下林床に群生するニセシロヤマシダニセコクモウヒロハノコギリシダ

ニセシロヤマシダ<del>ニセコクモウヒロハノコギリシダ</del>、葉柄基部の鱗片。2017年4月2日 永久保 ニセシロヤマシダ<del>ニセコクモウヒロハノコギリシダ</del>、葉柄基部の鱗片。2017年4月2日 永久保
ニセシロヤマシダニセコクモウヒロハノコギリシダ、葉柄基部の鱗片(上左、上右)

ニセシロヤマシダ<del>ニセコクモウヒロハノコギリシダ</del>、葉柄基部の鱗片の辺縁には刺の鋸歯がある。2017年4月2日 永久保 ニセシロヤマシダ<del>ニセコクモウヒロハノコギリシダ</del>、葉柄基部の鱗片の辺縁には刺の鋸歯がある。2017年4月2日 永久保
ニセシロヤマシダニセコクモウヒロハノコギリシダ、葉柄基部の鱗片の辺縁の刺(上左、上右)

ニセシロヤマシダ<del>ニセコクモウヒロハノコギリシダ</del>の羽片、左はニセコクモウクジャクの羽片。2017年4月2日 永久保 ニセシロヤマシダ<del>ニセコクモウヒロハノコギリシダ</del>、小羽片。2017年4月2日 永久保
ニセシロヤマシダニセコクモウヒロハノコギリシダの羽片、左はニセコクモウクジャクの羽片(上左)
ニセシロヤマシダニセコクモウヒロハノコギリシダ、小羽片(上右)

ニセシロヤマシダ<del>ニセコクモウヒロハノコギリシダ</del>、胞子嚢群は小羽片基部では辺縁寄り、上部では中間<del>中軸近く</del>につく。2017年4月2日 永久保 ニセシロヤマシダ<del>ニセコクモウヒロハノコギリシダ</del>、胞子嚢群は小羽片基部では辺縁寄り、上部では中間<del>中軸近く</del>につく。2017年4月2日 永久保
ニセシロヤマシダニセコクモウヒロハノコギリシダ、胞子嚢群(上左、上右)



戻る