ヒトツバイワヒトデ(イワヒトデとヤリノホクリハランとの推定雑種と言われている)   

ウラボシ科 オキノクリハラン属

スギ植林地内ウエットな林床に生育するヒトツバイワヒトデ。2017年4月2日 小瀬田

生育している環境:深い渓谷の水辺、スギ植林地内ウエットな林床で観察。イワヒトデとヤリノホクリハランとの推定雑種と言われている。葉は単葉。栄養葉は林床に葉を広げ、胞子葉はやや立ち上がる。葉の大きさは、胞子葉では15~20㎝。葉身の基部は翼となって葉柄に流れるが栄養葉では翼は葉柄下部まであり、胞子葉では翼は短い。

ヒトツバイワヒトデ、胞子葉。2017年4月2日 小瀬田 ヒトツバイワヒトデ、胞子葉の葉脈。2017年4月2日 小瀬田
(1)ヒトツバイワヒトデ、胞子葉
(2)ヒトツバイワヒトデ、胞子葉の葉脈



標本2
深い渓谷の水辺に生育するヒトツバイワヒトデ。2017年4月2日 落ノ川
ヒトツバイワヒトデ

深い渓谷の水辺に生育するヒトツバイワヒトデ。2017年4月2日 落ノ川 深い渓谷の水辺に生育するヒトツバイワヒトデ、胞子嚢群。2017年4月2日 落ノ川
(1)ヒトツバイワヒトデ
(2)ヒトツバイワヒトデ、胞子嚢群



戻る