ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)

ホングウシダ科 エダウチホングウシダ属

ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)。左下は栄養葉。2017年4月2日 椨川 
ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)

生育している環境:標高の低い森。川沿いの疎林内で生育場所はやや明るい。ウエットな湿地状になった川辺に島状にまとまって狭い範囲に群生。

観察された特徴:シンエダウチホングウシダを非常に小さくしたようなシダ。2形性を示し、栄養葉は葉身下部では2回羽状に分かれ、上部の羽片および下部の小羽片は手のひら状に切れ込む。胞子葉は葉身下部では2回羽状に分かれ、上部の羽片および小羽片は扇形で全縁。葉の端に沿って包膜がつく。包膜は扇形~半円形で切れずに連続する。葉身は非常に小さく大きさは6~12㎝。幅は4~6㎝。葉柄は葉身とほぼ同長。

 シンエダウチホングウシダ はずっと大きく、胞子をつける葉は20~30㎝。栄養葉は胞子葉にくらべ小さく、10㎝程度の葉をつけ、羽片(小羽片)の辺縁には浅い鋸歯が見られる。
 ヒメホングウシダとも間違いやすいが、ヒメホングウシダは、葉の大きさがもう少し大きく10~20㎝。2回羽状に分かれ小羽片が切れ込み、それぞれの裂片の端に胞子嚢群をつけ、短い(小さい)包膜がつく。モッチョム岳500~600mの山道沿い乾燥気味の林床でやや普通に見られる。

※詳しい方に写真を見ていただき以下のコメントを頂いています。
シンエダウチホングウシダとヒメホングウシダの雑種だと思います。奄美大島・湯湾岳の上部にあります。今回、胞子を観察した結果、雑種ではないことが判明した。ひろちょん氏が発見したこのシダは新しい種類と思われる。

ウエットな環境に群生するヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)。2017年4月2日 椨川 ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)、栄養葉(左)と胞子葉(右)。2017年4月2日 椨川 
(1)ウエットな環境に群生するヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)
(2)ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)、栄養葉は羽片が切れ込んでいるが、胞子をつけた葉は円形
 
ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)、葉身下部羽片。2017年4月2日 椨川 ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)、葉身上部羽片。2017年4月2日 椨川
(1)ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)、葉身下部羽片
(2)ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)、葉身上部羽片

ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)、羽片。2017年4月2日 椨川 ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)、包膜は切れずにつながり、小羽片の辺縁に沿って扇形~半円形となる。2017年4月2日 椨川
(1)ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)、羽片
(2)ヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)、胞子嚢群





2021年4月 再訪
シイの落葉と同じ大きさのヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)。2021年3月-4月 屋久島
シイの落葉と同じ大きさのヤクシマシンエダウチホングウシダ(仮称)

やや明るい林内の沢沿いに生育するヤクシマシンエダウチホングウシダ。2021年3月-4月 屋久島 やや明るい林内の沢沿いに生育するヤクシマシンエダウチホングウシダ。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)やや明るい林内の沢沿いに生育するヤクシマシンエダウチホングウシダ

ヤクシマシンエダウチホングウシダ、胞子葉。2021年3月-4月 屋久島 ヤクシマシンエダウチホングウシダ、胞子葉。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)ヤクシマシンエダウチホングウシダ、胞子葉

ヤクシマシンエダウチホングウシダ、胞子葉と栄養葉。2021年3月-4月 屋久島 ヤクシマシンエダウチホングウシダ、胞子葉と栄養葉。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)ヤクシマシンエダウチホングウシダ、胞子葉と栄養葉

ヤクシマシンエダウチホングウシダ、包膜。2021年3月-4月 屋久島 ヤクシマシンエダウチホングウシダ、包膜。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)ヤクシマシンエダウチホングウシダ、包膜



戻る