ムラサキベニシダ(緑色type)Dryopteris purpurella

オシダ科 オシダ属

ムラサキベニシダ(緑色type)2017年10月7日 大川林道

生育している環境:常緑広葉樹が茂る渓谷に生育。標高500~1000mで観察。

観察された特徴:葉柄・中軸は緑色で赤紫色を帯びない。葉の大きさは35~50㎝、厚みがあり葉は艶の無い淡緑色~黄緑色(新芽の芽立ち・新葉は紅色)。最下羽片後側第1小羽片は短縮する。胞子嚢群はやや辺縁寄りにつく。包膜は鮮やかな紅色。胞子数30個程度で無融合生殖種。
 
最初、包膜が紅色のホコザキベニシダ(ホコザキベニシダは有性生殖種で包膜は白い)と思われたが、胞子の観察により無融合生殖種のホコザキベニシダではないかと考えた。芽立ちの葉の紅色や包膜の色・胞子嚢群のつく位置などから中軸・葉柄などが緑色であるがムラサキベニシダと考えられる。

ムラサキベニシダ(緑色type)2018年6月22日 屋久島産
ムラサキベニシダ(緑色type)

ムラサキベニシダ(緑色type)2018年6月22日 屋久島産 ムラサキベニシダ(緑色type)2018年7月17日 屋久島産
(1),(2)ムラサキベニシダ(緑色type)、胞子嚢群

ムラサキベニシダ(緑色type)包膜。2018年7月17日 屋久島産
ムラサキベニシダ(緑色type)、包膜

ムラサキベニシダ(緑色type)胞子数は30個程度確認。胞子の大きさ・形は整っている。2018年7月17日 屋久島産 ムラサキベニシダ(緑色type)胞子数は30個程度確認。胞子の大きさ・形は整っている。2018年7月17日 屋久島産
(1),(2)ムラサキベニシダ(緑色type)、1つの胞子嚢を壊したようす

ムラサキベニシダ(緑色type)胞子数は30個程度確認。胞子の大きさ・形は整っている。2018年7月17日 屋久島産
(3)ムラサキベニシダ(緑色type)、1つの胞子嚢を壊したようす

ムラサキベニシダ(緑色type)胞子の大きさ・形は整っている。2018年7月17日 屋久島産 ムラサキベニシダ(緑色type)胞子の大きさ・形は整っている。2018年7月17日 屋久島産
(1),(2)ムラサキベニシダ(緑色type)、胞子の大きさ・形

ムラサキベニシダ(緑色type)胞子側面。2018年7月17日 屋久島産 ムラサキベニシダ(緑色type)胞子側面。2018年7月17日 屋久島産
(1)ムラサキベニシダ(緑色type)、胞子上面
(2)ムラサキベニシダ(緑色type)、胞子側面

ムラサキベニシダ(緑色type)胞子上面。2018年7月17日 屋久島産 ムラサキベニシダ(緑色type)胞子側面。2018年7月17日 屋久島産
(1)ムラサキベニシダ(緑色type)、胞子上面
(2)ムラサキベニシダ(緑色type)、胞子側面

ムラサキベニシダ(緑色type)胞子上面。2018年7月17日 屋久島産 ムラサキベニシダ(緑色type)胞子側面。2018年7月17日 屋久島産
(1)ムラサキベニシダ(緑色type)、胞子上面
(2)ムラサキベニシダ(緑色type)、胞子側面




2018年11月7日観察
紫~紅色を帯びないムラサキベニシダに訂正します。
採取した時はホコザキベニシダと思われたが、その後栽培個体を観察すると新しく出てくる葉は葉柄・中軸など紫~紅色を帯びないムラサキベニシダであった(新葉は紅色を帯びる)。ムラサキベニシダは紫~紅色を帯びるもの~帯びないものまで変化に富むようである。

ムラサキベニシダ(緑色type)葉身。2018年11月7日 屋久島産 ムラサキベニシダ(緑色type)葉身。2018年11月7日 屋久島産
(1)ムラサキベニシダ(緑色type)栽培個体の葉身
(2)ムラサキベニシダ(緑色type)栽培個体の葉身、(1)と同一株。

ムラサキベニシダ(緑色type)葉柄。2018年11月7日 屋久島産
ムラサキベニシダ(緑色type)栽培個体の葉柄



戻る