ホソバイヌワラビ Athyrium iseanum var.iseanum

メシダ科 メシダ属

標本1
中腹部屋久杉の森、ウエットな林床に生育するホソバイヌワラビ。2021年3月-4月 屋久島 白谷雲水峡

生育している環境:中腹部屋久杉の森、ウエットな林床に生育。
観察された特徴:夏緑性。この季節、新しい葉が伸び始めた時期で、完全な成葉になっていない。写真の葉は栄養葉。3回羽状に分かれ、裂片は小羽軸に対してやや鋭角的につく。

ホソバイヌワラビ、葉柄。2021年3月-4月 屋久島 白谷雲水峡 ホソバイヌワラビ、葉身。2021年3月-4月 屋久島 白谷雲水峡  
(1)ホソバイヌワラビ、葉柄
(1)ホソバイヌワラビ、葉身

ホソバイヌワラビ、羽片・小羽片。2021年3月-4月 屋久島 白谷雲水峡 ホソバイヌワラビ、小羽軸上の棘。2021年3月-4月 屋久島 白谷雲水峡
(1)ホソバイヌワラビ、羽片・小羽片
(2)ホソバイヌワラビ、小羽軸上の棘



戻る