タカサゴイヌワラビ Athyrium silvicola

ヤクシマトゲカラクサイヌワラビ(仮称)

メシダ科 メシダ属

※シダの会の方からご指摘を頂き訂正いたしました。

タカサゴイヌワラビ 2017年10月8日 安房林道
タカサゴイヌワラビヤクシマトゲカラクサイヌワラビ(仮称)

生育している環境:標高600m程度のヤクスギの森下部で観察。ヤクスギや照葉樹が茂るウエットな渓谷、流れの近くの崩れた岩が堆積するところで。

観察された特徴:葉身の大きさは25~30㎝。葉身は三角状卵形、先端までなだらかに細くなる。葉の質は柔らかい。小羽片は深~中裂し裂片は全縁、小羽軸上および裂片の中肋上には刺がある。羽片にはやや長い柄があり、羽片基部の小羽片も有柄。小羽片前側第1裂片は最大となるが耳垂というほどではなく、羽軸に重なるか重ならないかの程度。胞子嚢群は中肋寄りにつき、包膜は短い線形~三日月。

タカサゴイヌワラビ、葉身。2017年10月8日 安房林道
タカサゴイヌワラビヤクシマトゲカラクサイヌワラビ(仮称)、葉身

タカサゴイヌワラビ、最下羽片。2017年10月8日 安房林道 タカサゴイヌワラビ、最下羽片。2017年10月8日 安房林道
(1),(2)タカサゴイヌワラビヤクシマトゲカラクサイヌワラビ(仮称)、最下羽片

タカサゴイヌワラビ、小羽軸上や裂片の中肋上にも刺が生える。2017年10月8日 安房林道
タカサゴイヌワラビヤクシマトゲカラクサイヌワラビ(仮称)、小羽軸上および裂片の中肋上の刺

タカサゴイヌワラビ、小羽片。2017年10月8日 安房林道 タカサゴイヌワラビ、小羽片裏側。2017年10月8日 安房林道
(1)タカサゴイヌワラビヤクシマトゲカラクサイヌワラビ(仮称)、小羽片
(2)タカサゴイヌワラビヤクシマトゲカラクサイヌワラビ(仮称)、小羽片裏側



戻る