ヤクシマホウビシダ Hymenasplenium obliquissimum

チャセンシダ科 ホウビシダ属

葉が透き通るヤクシマホウビシダ。2017年10月9日 モッチョム岳

生育している環境:ヤクスギの森下部(標高600~800m)で観察。ヤクスギや照葉樹の大木に覆われた緩やかな谷。流れのそばの岩壁、水際の常に水がかかるところに生育。

観察された特徴:葉の大きさは10~15㎝、葉は薄く半透明、先端は急に細くなる。羽片の中肋(主脈)ははじめ背中側(後側)に偏るがその後中央を走る。胞子嚢群は中肋寄りにつき、羽片の後半部中肋前側にもつくが後側(背中側)のほうにより多くつく。

清水の流れのそばの岩壁に生育するヤクシマホウビシダ。2017年10月9日 モッチョム岳
清水の流れのそばの岩壁に生育するヤクシマホウビシダ

ヤクシマホウビシダ、葉身。2017年10月9日 モッチョム岳 ヤクシマホウビシダ、羽片。2017年10月9日 モッチョム岳
(1)ヤクシマホウビシダ、葉身
(2)ヤクシマホウビシダ、羽片

ヤクシマホウビシダ、胞子嚢群は中肋寄りにつく。2017年10月9日 モッチョム岳 ヤクシマホウビシダ、羽片の中肋は基部では背中側に偏り、先端では中心を通る。2017年10月9日 モッチョム岳
(1)ヤクシマホウビシダ、胞子嚢群は中肋寄りにつく
(2)ヤクシマホウビシダ、羽片の中肋



戻る