ヤリノホクリハラン    

ウラボシ科 オキノクリハラン属 Leptochilus wrightii

ヤリノホクリハラン。2017年4月2日 永久保

生育している環境:栄養葉と胞子葉の2形を示す。栄養葉は単葉で卵状披針形、基部が最も広い。胞子葉は栄養葉よりも背が高く葉を立ち上げ葉身よりも葉柄のほうが長い。胞子葉の形は長く伸びた鏃形。栄養葉・胞子葉とも葉柄には狭い翼が葉身~葉柄下部まで連続的につく。

ヤリノホクリハラン、胞子葉。2017年4月2日 永久保 ヤリノホクリハラン、栄養葉。2017年4月2日 永久保
ヤリノホクリハラン、胞子葉(上左)
ヤリノホクリハラン、栄養葉(上右)

ヤリノホクリハラン、胞子葉裏側。2017年4月2日 永久保 ヤリノホクリハラン、胞子嚢群。2017年4月2日 永久保
ヤリノホクリハラン、胞子葉裏側(上左)
ヤリノホクリハラン、胞子嚢群(上右)



戻る