イズハイホラゴケ Vandenboschia orientalis

コケシノブ科 ハイホラゴケ属

上部を樹冠に覆われた切り立った岩壁に生育するイズハイホラゴケ。2021年12月11日 沼津 大平山
生育している環境:上部を樹冠に覆われた切り立った岩壁に生育。

観察された特徴:大きなハイホラゴケの仲間。葉のサイズは長さ20㎝程度(葉柄は葉身の1/2程度で6~8㎝)・幅は6~8㎝。胞子は60個程度確認でき、大きさ・形が整い有性生殖種と思われる。胞子は60個程度確認でき有性生殖種。
オオハイホラゴケあるいはミウラハイホラゴケかと考えたが、専門家の方に根茎および生葉を見ていただき、イズハイホラゴケとのコメントを頂いた。「ミウラハイホラゴケの可能性もありますが、ミウラハイホラゴケにくらべ羽片の幅が広いことと根茎がやや太く見えますのでイズハイホラゴケと判断しました。」

イズハイホラゴケはオオハイホラゴケとハイホラゴケのゲノムを併せ持つ雑種起源の4倍体有性生殖種。同じゲノムを併せ持つセイタカホラゴケは3倍体雑種。

上部を樹冠に覆われた切り立った岩壁に生育するイズハイホラゴケ。2021年12月11日 大平山
上部を樹冠に覆われた切り立った岩壁に生育するイズハイホラゴケ

イズハイホラゴケ。2021年12月11日 大平山 イズハイホラゴケ、根茎および葉柄。2021年12月11日 大平山
(1)イズハイホラゴケ
(2)イズハイホラゴケ、根茎および葉柄

イズハイホラゴケ、葉身。2021年12月11日 大平山 イズハイホラゴケ、羽片および根茎。2021年12月11日 大平山
(1)イズハイホラゴケ、葉身
(2)イズハイホラゴケ、羽片および根茎

イズハイホラゴケ、胞子嚢群。2021年12月11日 大平山 イズハイホラゴケ、包膜はやや反り返る。2021年12月11日 大平山
(1)(2)イズハイホラゴケ、胞子嚢群

イズハイホラゴケ、胞子数は52個程度確認。胞子の大きさ・形は整い有性生殖種と考えられる。2021年12月11日 大平山 イズハイホラゴケ、胞子数は55個程度確認。胞子の大きさ・形は整い有性生殖種と考えられる。2021年12月11日 大平山 イズハイホラゴケ、胞子数は60個程度確認。胞子の大きさ・形は整い有性生殖種と考えられる。2021年12月11日 大平山 
(1)(2)(3)イズハイホラゴケ、1つの胞子嚢を壊したようす

戻る