コハイホラゴケ Vandenboschia ×stenosiphon

コケシノブ科 ハイホラゴケ属

標本1 コハイホラゴケの大形品
切り立った岩壁に群生するコハイホラゴケ。2021年12月11日 沼津 大平山 

生育している環境:上部を樹冠に覆われた切り立った岩壁に群生。

観察された特徴:葉身はシャープで、羽片は立体的ですが葉の長さは15㎝程度。葉柄は葉の大きさに比べ短く葉身の1/3程度。包膜は長さの割に径が大きく先端の唇やや広がる程度。

専門家の方に生葉および根茎と胞子画像を見ていただき、コハイホラゴケとのコメントを頂きました。「葉身が立体的な感じですので、ヒメハイホラゴケが関係している雑種だと思いますが、コハイホラゴケにしてはおっしゃる通りやや大きいですがこの程度のコハイホラゴケはあり、コハイホラゴケの大型品です。」

切り立った岩壁に群生するコハイホラゴケ。2021年12月11日 大平山
切り立った岩壁に群生するコハイホラゴケ

コハイホラゴケ、葉身。2021年12月11日 大平山 コハイホラゴケ、葉身および根茎。2021年12月11日 大平山
(1)コハイホラゴケ、葉身
(2)コハイホラゴケ、葉身および根茎

コハイホラゴケ、羽片。2021年12月11日 大平山 コハイホラゴケ、羽片。2021年12月11日 大平山
(1)(2)コハイホラゴケ、羽片

コハイホラゴケ、葉柄および根茎。2021年12月11日 大平山 コハイホラゴケ、葉柄。2021年12月11日 大平山
(1)コハイホラゴケ、葉柄および根茎
(2)コハイホラゴケ、葉柄

コハイホラゴケ、包膜は長さの割に径が大きく唇はやや開く程度。2021年12月11日 大平山 コハイホラゴケ、包膜は長さの割に径が大きく唇はやや開く程度。2021年12月11日 大平山
(1)コハイホラゴケ、胞子嚢群
(2)コハイホラゴケ、包膜

コハイホラゴケ、正常に発達した胞子も見られるが不充実で不稔な胞子が混ざり雑種と考えられる。2021年12月11日 大平山 コハイホラゴケ、正常に発達した胞子も見られるが不充実で不稔な胞子が混ざり雑種と考えられる。2021年12月11日 大平山 コハイホラゴケ、正常に発達した胞子も見られるが不充実で不稔な胞子が混ざり雑種と考えられる。2021年12月11日 大平山 
(1)(2)(3)コハイホラゴケ、1つの胞子嚢を壊したようす



標本2 よく見かけるサイズ
コハイホラゴケ。2019年3月2日 沼津 鷲頭山
コハイホラゴケ

日陰のウエットな切り立った岩壁に群生するコハイホラゴケ。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 日陰のウエットな切り立った岩壁に群生するコハイホラゴケ。2019年3月2日 沼津 鷲頭山
日陰のウエットな切り立った岩壁に群生するコハイホラゴケ

コハイホラゴケ、羽片は重なる。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 コハイホラゴケ、羽片は重なる。2019年3月2日 沼津 鷲頭山
(1)(2)コハイホラゴケ、羽片 

コハイホラゴケ、裂片。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 コハイホラゴケ、胞子嚢群。2019年3月2日 沼津 鷲頭山
(1)コハイホラゴケ、裂片
(2)コハイホラゴケ、胞子嚢群

戻る