ハイホラゴケ Vandenboschia kalamocarpa

コケシノブ科 ハイホラゴケ属

切り立った岩壁に群生するハイホラゴケ。2021年12月11日 沼津 大平山 

生育している環境:切り立った日陰の岩壁に群生。

観察された特徴:葉の大きさは12~16㎝(葉柄はやや短く葉身の1/3程度で3~5㎝)・幅は2~3センチ程度、披針形~卵状披針形。

専門家の方に生葉および根茎と胞子画像を見ていただき、ハイホラゴケとのコメントを頂きました。「胞子画像は雑種的な胞子ですが、やはりコハイホラゴケにしてはやや大きく、外部形態ではハイホラゴケそのものがもっとも近いと思います。3倍体のハイホラゴケというのがあるので、そうであれば胞子が正常でないことも納得ができます。」

切り立った岩壁に群生するハイホラゴケ。2021年12月11日 沼津 大平山
切り立った岩壁に群生するハイホラゴケ

ハイホラゴケ。2021年12月11日 沼津 大平山 ハイホラゴケ、葉柄および根茎。2021年12月11日 沼津 大平山 
(1)ハイホラゴケ 
(2)ハイホラゴケ、葉柄および根茎

ハイホラゴケ、葉身上部。2021年12月11日 沼津 大平山 ハイホラゴケ、葉身下部。2021年12月11日 沼津 大平山 
(1)ハイホラゴケ、葉身上部
(2)ハイホラゴケ、葉身下部

ハイホラゴケ、羽片および胞子嚢群。2021年12月11日 沼津 大平山 ハイホラゴケ、包膜は直角まで反る。2021年12月11日 沼津 大平山 
(1)ハイホラゴケ、羽片および胞子嚢群
(2)ハイホラゴケ、包膜

ハイホラゴケ、正常に発達した胞子も見られるが不充実で不稔な胞子が混ざる。2021年12月11日 沼津 大平山 ハイホラゴケ、正常に発達した胞子も見られるが不充実で不稔な胞子が混ざる。2021年12月11日 沼津 大平山 ハイホラゴケ、正常に発達した胞子も見られるが不充実で不稔な胞子が混ざる。2021年12月11日 沼津 大平山 
(1)(2)(3)ハイホラゴケ、1つの胞子嚢を壊したようす

ハイホラゴケ、正常に発達した胞子も見られるが不充実で不稔な胞子が混ざる。2021年12月11日 沼津 大平山 ハイホラゴケ、正常に発達した胞子も見られるが不充実で不稔な胞子が混ざる。2021年12月11日 沼津 大平山 ハイホラゴケ、正常に発達した胞子も見られるが不充実で不稔な胞子が混ざる。2021年12月11日 沼津 大平山 
(1)(2)(3)ハイホラゴケ、1つの胞子嚢を壊したようす

戻る