ハイホラゴケの仲間1

コケシノブ科 ハイホラゴケ属

ハイホラゴケの仲間1。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 大平山 

生育している環境:林内、ウエットな岩壁に群生。

観察された特徴:葉の大きさは7~10㎝。葉柄の長さは2~5㎝。葉身は卵状披針形、長さは5~8㎝、幅は1.5~2㎝。隣り合う羽片は重ならない。

ハイホラゴケの仲間1。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 大平山 切り立った岩壁に群生するハイホラゴケの仲間1。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 大平山 
(1)ハイホラゴケの仲間1
(2)切り立った岩壁に群生するハイホラゴケの仲間1

切り立った岩壁に群生するハイホラゴケの仲間1。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 大平山 
ハイホラゴケの仲間1 左:栄養葉と右:胞子葉

ハイホラゴケの仲間1、栄養葉。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 大平山 ハイホラゴケの仲間1、胞子葉。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 大平山 
(1)ハイホラゴケの仲間1、栄養葉
(2)ハイホラゴケの仲間1、胞子葉

胞子数は30個程度確認できるが乱れている。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 大平山  
ハイホラゴケの仲間1、1つの胞子嚢を壊したようす。ほとんどが空の胞子嚢であり、わずかに観察できた胞子嚢。ただし、よい季節に胞子のようすを観察する必要がある。