ハイホラゴケの仲間2

コケシノブ科 ハイホラゴケ属

小形のハイホラゴケの仲間。2019年3月2日 沼津 鷲頭山  

生育している環境:林内、上部を樹冠に覆われたやや明るい岩壁に群生。アオホラゴケの群生が広がる切り立った岩場の一部に、1群体のみ確認。

観察された特徴:胞子未確認。葉の大きさは4~6㎝。葉柄は0.7~2㎝、葉身は3.5~4㎝。葉柄~中軸まで翼があり激しく波打つ。胞子嚢群をつけていない。
専門家の方からは以下のコメントを頂いています。「2倍体であればヒメハイホラゴケまたはコハイホラゴケ、3倍体であればヒメハイホラゴケまたはコハイホラゴケ、4倍体であればホクリクハイホラゴケ。2倍体の場合、ヒメハイホラゴケかコハイホラゴケの区別は形態でもある程度可能ですが、難しい場合は胞子が正常か否かを調べる必要があります。」
切り立った岩壁に生育する小形のハイホラゴケの仲間。周辺にはアオホラゴケの大群落が広がる。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 大平山
小形のハイホラゴケの仲間

切り立った岩壁に生育する小形のハイホラゴケの仲間。周辺にはアオホラゴケの大群落が広がる。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 小形のハイホラゴケの仲間、葉は小さく、葉柄や中軸の翼は激しく波打ち、裂片も多少波打つ。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 
(1)切り立った岩壁に生育する小形のハイホラゴケの仲間
(2)小形のハイホラゴケの仲間、葉の大きさ

小形のハイホラゴケの仲間、中軸の翼は激しく波打つ。裂片には偽脈はない。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 小形のハイホラゴケの仲間、中軸の翼は激しく波打つ。裂片には偽脈はない。2019年3月2日 沼津 鷲頭山 
(1)小形のハイホラゴケの仲間、中軸および裂片
(2)小形のハイホラゴケの仲間、葉柄

戻る