ハコネタチクラマゴケ(仮称)胞子嚢穂様の形態をもつ小形のタチクラマゴケ似のシダ

イワヒバ科 イワヒバ属

ハコネタチクラマゴケ。2019年3月2日 沼津 鷲頭山大平山
ハコネタチクラマゴケ(仮称)%%胞子嚢穂様の形態をもつ小形のタチクラマゴケ似のシダ%%

生育している環境:渓谷沿いの樹林内、ウエットな林床に生育。

観察された特徴:直径20㎝程度のまとまりで生育。葉はタチクラマゴケに似るが、背葉・腹葉は小さく、腹葉はタチクラマゴケよりも丸い。広卵形、背葉はあまり反り返ることは無い。葉の質は柔らかい。まだ胞子をどのようにつけるか確認していない。

ハコネタチクラマゴケ、腹葉・背葉。2019年3月2日 沼津 鷲頭山大平山 ハコネタチクラマゴケ、腹葉・背葉。2019年3月2日 沼津 鷲頭山大平山
(1)(2)ハコネタチクラマゴケ、腹葉・背葉

ハコネタチクラマゴケ、葉先の生長点。2019年3月2日 沼津 鷲頭山大平山
ハコネタチクラマゴケ、葉先の生長点





標本2
ハコネタチクラマゴケ。2019年3月2日 沼津 鷲頭山大平山
ハコネタチクラマゴケ(仮称)%%胞子嚢穂様の形態をもつ小形のタチクラマゴケ似のシダ%%

ハコネタチクラマゴケ。2019年3月2日 沼津 鷲頭山大平山
ハコネタチクラマゴケ(拡大)