キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)

オシダ科 イノデ属  Polystichum x kiyozumianum  

キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)2014年8月18日 津久井城山

生育している環境:樹齢を経たスギ・サワラ林内林床、周辺の林床にはベニシダの仲間やクマワラビの仲間などがよく生育し、イノデモドキやサイゴクイノデも見られる。
観察された特徴:サイゴクイノデアとイノデモドキの雑種と推定される。常緑性。葉柄はそれほど長くならず、葉柄下部の鱗片には栗色が入り、葉柄基部~下部にかけては辺縁が全縁の鱗片と細かく裂けた鱗片が混ざり、葉柄下部~中軸にかけては辺縁が細かく裂けた鱗片をつける。葉の大きさ50~70㎝、イノデモドキに似て葉身先端は徐々に細くなりやや尾状となる。葉の表面はサイゴクイノデに似て艶は乏しいが葉の色は濃い。胞子のう群は辺縁寄りにつき、葉身基部の羽片では胞子のう群は耳垂の両側に1~3個、規則正しくつき、同じく下部羽片耳垂に1~2個ずつつくイノデモドキの特徴というよりはサイゴクイノデの特徴を表している。
生育確認数:1地点1株。津久井城山。

キヨズミイノデ、葉柄基部の鱗片には栗色が入る。2014年8月18日 津久井城山 キヨズミイノデ、葉柄基部の鱗片には辺縁が全縁の鱗片と細かく裂ける鱗片が混ざる。2014年8月18日 津久井城山
キヨズミイノデ、葉柄基部の鱗片(上左、上右)

キヨズミイノデ、中軸下部の鱗片は細かく裂ける。2014年8月18日 津久井城山  
キヨズミイノデ、中軸下部の鱗片※ピンボケですみません

キヨズミイノデ、羽片は濃緑色で艶は乏しい。2014年8月18日 津久井城山 キヨズミイノデ、胞子のう群は辺縁寄りにつく。2014年8月18日 津久井城山
キヨズミイノデ、羽片(上左) 
キヨズミイノデ、胞子のう群(上右)

キヨズミイノデ、葉身基部羽片では胞子のう群は耳垂の両側に規則的につく。2014年8月18日 津久井城山
キヨズミイノデ、葉身基部羽片の胞子のう群(上右)

キヨズミイノデ、ソーラスははじけず塊となる。2014年8月18日 津久井城山
キヨズミイノデ、胞子のう群 ※ピンボケですみません