コバノイシカグマ

コバノイシカグマ科 コバノイシカグマ属 Dennstaedtia scabra

コバノイシカグマ 2015年6月17日 津久井城山

生育している環境樹齢を経たスギ・サワラ林内、林内の山道沿いの斜面。
観察された特徴:根茎は長く這い、葉をまばらにつける。葉柄は細長く葉身とほぼ同長、白色の毛が密生する。葉の大きさは35~45㎝、3~4回羽状に分かれ、葉の両面は有毛。胞子のう群は葉の辺縁につき、包膜はコップ状。
生育確認数:1地点、4株。津久井城山。

コバノイシカグマ、葉柄には毛が密生する。2015年6月17日 津久井城山 コバノイシカグマ、最下羽片。2015年6月17日 津久井城山
コバノイシカグマ、葉柄(上左)
コバノイシカグマ、最下羽片(上右)

コバノイシカグマ、葉の両面は有毛。2015年6月17日 津久井城山 コバノイシカグマ、胞子のう群は葉の端につきコップ状。2015年6月17日 津久井城山
コバノイシカグマ、葉の表面(上左)
コバノイシカグマ、胞子のう群(上右)

コバノイシカグマ、新芽。2014年8月12日 津久井城山
コバノイシカグマ、新芽