セイタカシケシダ

メシダ科 オオシケシダ属 Deparia dimorphophylla 

セイタカシケシダ 2014年8月18日 津久井城山

生育している環境:樹齢を経たスギ・サワラ林内林床、ウエットな谷部~山腹林縁に生育。
観察された特徴:夏緑性。葉の大きさは40~50㎝、葉は幅が広く卵形で、葉の表面は白青緑色を帯び、葉の両面に毛が生える。胞子のう群は三日月形~線形で中肋寄りにつき、包膜上には毛が生える。
生育確認数:普通に見られる。津久井城山。

セイタカシケシダ、、胞子葉(上)、栄養葉(下)。2014年8月18日 津久井城山 セイタカシケシダ、羽片。2014年8月18日 津久井城山
セイタカシケシダ、胞子葉と栄養葉(上左)
セイタカシケシダ、羽片(上右)

セイタカシケシダ、胞子のう群。2014年8月18日 津久井城山 セイタカシケシダ、包膜。2014年8月18日 津久井城山
セイタカシケシダ、胞子のう群(上左)
セイタカシケシダ、包膜(上右)