ナチシケシダ

メシダ科 オオシケシダ属 Deparia  

明るい林縁に群生するナチシケシダ 2014年8月18日 津久井城山

生育している環境:上部は樹冠に覆われているが明るい林縁や林内の切り開かれた草原に群生する。
観察された特徴:夏緑性。葉の大きさは25~35㎝、観察された個体はフモトシケシダとホソバシケシダの中間の形をしていた。包膜の辺縁は和紙を裂いたようにほつれる。
※ナチシケシダの外観はいろいろ見られ多形である。

明るい林縁に群生するナチシケシダ。 2014年8月18日 津久井城山
明るい林縁に群生するナチシケシダ

ナチシケシダ、包膜の辺縁は和紙を裂いたようにほつれる。 2014年8月18日 津久井城山  ナチシケシダ、包膜の辺縁は和紙を裂いたようにほつれる。 2014年8月18日 津久井城山
チシケシダ、包膜のようす(上左、上右)



戻る