ヒメイタチシダ

オシダ科 オシダ属 Dryopteris sacrosancta

ヒメイタチシダ 2014年8月12日 津久井城山
生育している環境:スギ・ヒノキ植林地内、やや明るい山道沿いに生育。
観察された特徴:常緑性。葉柄基部には黒褐色~黒色のやや幅のある披針形の鱗片をつける。辺縁は淡色になることがある。葉の大きさは30~35㎝、鮮緑色。下部羽片の幅が広く、最下羽片下側小羽片が発達し葉身の形は五角形状となる。葉の色は鮮緑色で光沢がある。
生育確認数:1地点 1株。津久井城山。
ヒメイタチシダ、葉身は五角形状。2014年8月12日 津久井城山 ヒメイタチシダ、最下羽片。2014年8月12日 津久井城山
ヒメイタチシダ、葉身(上左)
ヒメイタチシダ、最下羽片(上右)
ヒメイタチシダ、葉柄の鱗片(下左、下右)
ヒメイタチシダ、葉柄の鱗片。2014年8月12日 津久井城山 ヒメイタチシダ、葉柄の鱗片。2014年8月12日 津久井城山
ヒメイタチシダ、葉柄基部の鱗片(上左、上右)

ヒメイタチシダ、新芽は若草色。2015年6月17日 津久井城山 ヒメイタチシダ、新芽は若草色。2015年6月17日 津久井城山
ヒメイタチシダ、新芽(上左、上右)