ヒロハハナヤスリ Ophioglossum vulgatum

ハナヤスリ科 ハナヤスリ属

柔らかい草質の葉を広げるヒロハハナヤスリ。2018年4月14日 相模原市 城山湖 
 
生育している環境:両側の夏緑広葉樹林の山裾が迫った狭い最奥部の谷戸、明るい草地~湿地あるいは夏緑広葉樹に覆われた明るい日陰に群生。場所によってはニリンソウやイチリンソウと一緒に群生。スプリングエフェメラル。
観察された特徴:3m四方の群落が4~5か所見られる大きな群生地。地上部栄養葉の大きさは10~12㎝、黄緑色で柔らかい。胞子葉は栄養葉に包まれるようにして上向きに伸びる。まっすぐ伸びた胞子葉は地上から15㎝に達する。

両側の山が迫った川沿いの草原~木漏れ日の射す夏緑広葉樹林林床に群生するヒロハハナヤスリ。2018年4月14日 相模原市 城山湖 ヒロハハナヤスリ、胞子葉。2018年4月14日 相模原市 城山湖
(1)谷沿いの谷戸に群生するヒロハハナヤスリ
(2)ヒロハハナヤスリ、胞子葉