不明なベニシダの仲間  

オシダ科 オシダ属 

岩が露出するウエットで険しいスギ林林床に生育する不明なベニシダの仲間。2014年11月19日 津久井 城山
不明なベニシダの仲間

生育している環境:城山北東部急峻な地形、樹林内のところどころで岩が露出するウエットで険しいスギ林林床に生育。
観察された特徴:鱗片のようすが撮影できなかった。鱗片によってはどのような種類かもう少しわかると思われる。葉の大きさは40㎝程度、明るい緑色、弱い光沢がある。最下羽片の小羽片には短柄があるように見える。小羽片はベニシダよりも幅が広く辺縁には切れ込みが入る。胞子のう群は中間~やや中肋寄り。サイゴクベニシダやマルバヌカイタチシダモドキなどが候補に挙げられる。

不明なベニシダの仲間最下羽片、小羽片には短柄がある。2014年11月19日 津久井 城山
不明なベニシダの仲間、最下羽片

不明なベニシダの仲間、小羽片には短柄があり、胞子のう群は中間~やや中肋寄りにつく。2014年11月19日 津久井 城山 不明なベニシダの仲間、胞子のう群は中間~やや中肋寄りにつく。2014年11月19日 津久井 城山 
不明なベニシダの仲間、小羽片および胞子のう群(上左)
不明なベニシダの仲間、胞子のう群(上右)


戻る