キタイズカグマ(フモトシダ×フモトカグマ)(クジャクフモトシダ)

コバノイシカグマ科 フモトシダ属   Microlepia marginata var.bipinnata

キタイズカグマ  

スギ林林縁のやや明るい斜面に生育。付近にはフモトシダやケブカフモトシダが生育。最下羽片は最大。葉柄・中軸には表側・裏側共に毛が生える。羽片は基部(基部は全裂)を除き深裂~中裂する。葉の表面には毛が生える。
   
生育していた環境:スギ林林縁のやや明るい斜面に生育。
観察された特徴:フモトシダとフモトカグマの雑種と推定されます。付近にはフモトシダやケブカフモトシダが生育。やや未成株で、葉の大きさ45~50㎝。最下羽片は最大。葉柄・中軸の表側・裏側および葉の表側・裏側には毛が生える。羽片は基部(基部は全裂)を除き深裂~中裂する。包膜は辺縁近くに付き、包膜上には硬毛が生える。
生育確認数:1地点。広河原。
キタイズカグマ、葉身。  
キタイズカグマ、葉身

キタイズカグマ、葉柄基部。 キタイズカグマ、葉柄。 キタイズカグマ、葉柄の毛。 キタイズカグマ、中軸。
キタイズカグマ、葉柄基部(上左左)
キタイズカグマ、葉柄(上左) 
キタイズカグマ、葉柄の毛(上右)
キタイズカグマ、中軸(上右右)

キタイズカグマ、最下羽片。 
キタイズカグマ、最下羽片

キタイズカグマ、羽片の表側。 キタイズカグマ、羽片の裏側。 
キタイズカグマ、羽片の表側(上左)
キタイズカグマ、羽片の裏側(上右)

キタイズカグマ、小羽片の表側。 キタイズカグマ、小羽片の裏側。 
キタイズカグマ、小羽片の表側(上左)
キタイズカグマ、小羽片の裏側(上右)

キタイズカグマ、胞子のう群。 キタイズカグマ、包膜。 
キタイズカグマ、胞子のう群(上左)
キタイズカグマ、包膜(上右)