タマシダ

ツルシダ科 タマシダ属 Nephrolepis cordifolia

よく日の当たる石垣に群生。2011,3,26湯河原

生育環境:湯河原では民家の周辺の石垣などに普通に見られる。植栽されていたものが逸出したことも考えられる。
特  徴:常緑性。匍匐茎を伸ばし先端に新芽をつけて増える。この地域で観察される個体の葉の大きさは20~45cm。葉の質は薄く硬い感じがする。羽片の基部は切形で上側は耳状の突起あり。胞子のう群は中間性、胞膜は腎臓形、褐色で硬い。根茎のそばややや離れた地中に球形の組織を持つ。
生育確認数:5地点

タマシダ2010,4,3湯河原

株のすぐそばや少し離れた地中にも見られる。2011,3,26湯河原

タマシダ胞子のう群。2011,3,26湯河原