タチクラマゴケ Selaginella nipponica

イワヒバ科 イワヒバ属

谷戸の林縁の明るい田んぼの脇に生育するタチクラマゴケ。2015年7月19日 町田 鶴見川源流

生育している環境:谷戸の林縁、明るい田んぼの脇に生育。

観察された特徴:常緑性。栄養葉は地表を這い、胞子をつける部分は胞子嚢穂の形態をとらず、胞子つける枝は立ち上がり5~10㎝にわたり葉の脇に胞子をつける。栄養茎(胞子をつけない部分)は腹葉は背葉にくらべ大きく、腹葉・背葉ともやや歪な広卵形~卵形で辺縁に鋸歯あり。胞子茎(胞子をつける部分)は腹葉・背葉の区別なく同形。

タチクラマゴケ、栄養茎。2015年7月19日 町田 鶴見川源流 タチクラマゴケ、栄養茎。2015年7月19日 町田 鶴見川源流
(1)(2)タチクラマゴケ、栄養茎

タチクラマゴケ、栄養茎の背葉・腹葉。2015年7月19日 町田 鶴見川源流 タチクラマゴケ、栄養茎の背葉・腹葉。2015年7月19日 町田 鶴見川源流
(1)(2)タチクラマゴケ、栄養茎の背葉・腹葉

タチクラマゴケ、栄養茎は地表を這い、胞子茎は立ち上がる。2015年7月19日 町田 鶴見川源流 タチクラマゴケ、胞子茎は立ち上がる。2015年7月19日 町田 鶴見川源流
(1)(2)タチクラマゴケ、胞子茎

タチクラマゴケの胞子茎、下部に大胞子、上部に小胞子がつく。2015年7月19日 町田 鶴見川源流 タチクラマゴケの胞子茎、下部に大胞子、上部に小胞子がつく。2015年7月19日 町田 鶴見川源流
(1)(2)タチクラマゴケ、胞子茎

タチクラマゴケの胞子茎、腹葉・背葉の区別はなく同形。2015年7月19日 町田 鶴見川源流
(1)(2)タチクラマゴケ、胞子茎(拡大)