Top / 町田周辺のシダ / タマシケシダ


タマシケシダ(シケシダ×フモトシケシダ)と推測される

メシダ科 オオシケシダ属 Deparia japonica × D. pseudo-conilii

タマシケシダ、葉の表面には艶があり、羽片は徐々に細くなり先端は鋭頭。2015年7月19日 町田市 図師町

生育している環境:夏緑広葉樹や照葉樹林林縁、山際のウエットで平坦な林縁に生育。

観察された特徴:シケシダとフモトシケシダの雑種と推測される。シケシダに似ているところは葉身・羽片の色や形で羽片の先は徐々に細くなり鋭頭。最下羽片は特に発達することは無い。また胞子のう群は線形。フモトシケシダに似ているところは包膜上に毛がある。

生育確認数:1地点

タマシケシダ、胞子のう群は線形~柿の種形。2015年7月19日 町田市 図師町 タマシケシダ、胞子のう群は線形~柿の種形。2015年7月19日 町田市 図師町
タマシケシダ、胞子のう群(上左、上右)

タマシケシダ、包膜の端は巻き込み包膜上には毛が生える。2015年7月19日 町田市 図師町 タマシケシダ、包膜の端は巻き込み包膜上には毛が生える。2015年7月19日 町田市 図師町
タマシケシダ、包膜(上左、上右)


}