イヌワラビ

イワデンダ科 メシダ属 Anisocampium niponicum

イヌワラビの生態写真

生育環境 相模湖嵐山付近ではいたるところに見られる。
特  徴 夏緑性。林内では点在、日当たりのよいところでは大きな群落をつくって生育。葉の大きさは25~50cm。根茎は長く這い、まばらに葉をだす。胞膜の形は三日月型や鉤形のものが混ざる。斑入りの個体をニシキシダと呼ぶ場合もある。
生育確認数  普通に見られる。