キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)
Polystichum x kiyozumianum

オシダ科 イノデ属  

※周辺で観察されたシムライノデが間違いと判明したため、サイゴクシムライノデ(サイゴクイノデ×シムライノデ)として掲載していたものをスオウイノデ(イノデ×サイゴクイノデ)に訂正いたします。2018年5月31日

※スオウイノデ(イノデ×サイゴクイノデ)として掲載していましたがキヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)に訂正いたします。2019年2月23日

キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)葉はやや光沢がある。2017年7月23日 相模湖周辺
2017年7月23日 撮影

キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)2018年5月28日 相模湖周辺 
2018年5月28日 撮影

生育している環境:なだらかに傾斜した嵐山北面のスギ植林地。観察場所周辺はサイゴクイノデとイノデモドキが優勢、次にイノデ、アイアスカイノデ、カタイノデ、ツヤナシイノデ(1株)などが見られる。雑種はハコネイノデ、ハタジュクイノデ、ドウリョウイノデがやや普通に見られる。

観察された特徴:サイゴクイノデとイノデモドキの雑種と推定される。スオウイノデ、イノデとサイゴクイノデの雑種と推定される。葉の大きさは40~50㎝。胞子嚢群は辺縁寄りにつき、胞子嚢は弾けず残存する。
サイゴクイノデに似ている点
1 葉の色は白っぽい緑色~黄緑色。
2 葉柄基部~下部には栗色で辺縁は淡い色の鱗片がつく。
3 胞子嚢群は辺縁寄りにつき、下部の数対の羽片では耳垂に優先してつき、耳垂の両側にほぼ規則的につく。
イノデモドキに似ている点
1葉柄・中軸の鱗片には辺縁に突起が目立つ。
2葉はやや光沢がある。
3葉身の先はやや尾状になる。
4小羽片の表面は胞子嚢群の位置で膨らむ

観察数:1地点、1株。相模湖周辺。

キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)葉柄基部には栗色の鱗片がつき、辺縁には細鋸歯がある。2017年6月22日 相模湖周辺 キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)葉柄基部には栗色の鱗片がつき、辺縁には細鋸歯がある。2017年6月22日 相模湖周辺
(1),(2)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ葉柄基部の鱗片

キヨズミイノデ、葉柄下部には中央にやや淡い栗色が入る鱗片がつく。2017年6月22日 相模湖周辺 キヨズミイノデ、鱗片の辺縁には細かい鋸歯(突起)がある。2017年6月22日 相模湖周辺
(1),(2)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ葉柄下部の鱗片

キヨズミイノデ、葉柄下部には辺縁に細鋸歯がある淡褐色~褐色・卵状披針形~広披針形の鱗片が混ざる。2018年5月28日 相模湖周辺 キヨズミイノデ、葉柄下部には辺縁に細鋸歯がある淡褐色~褐色・卵状披針形~広披針形の鱗片が混ざる。2018年5月28日 相模湖周辺
(1),(2)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ葉柄下部の鱗片

キヨズミイノデ、葉柄下部には赤褐色~栗色で辺縁がわずかに淡褐色の鱗片がつく。2017年6月22日 相模湖周辺 キヨズミイノデ、葉柄上部まで赤褐色~栗色で辺縁がわずかに淡褐色の鱗片がつく。2017年6月22日 相模湖周辺
(1)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ葉柄下部の鱗片
(2キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ))スオウイノデ葉柄上部の鱗片

キヨズミイノデ、中軸下部の鱗片には栗色が中央に入る。2017年6月22日 相模湖周辺 キヨズミイノデ、中軸下部の鱗片には栗色が中央に入る。2017年6月22日 相模湖周辺
(1),(2)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ中軸下部の鱗片

キヨズミイノデ、中軸中部には披針形で下部には鋸歯があり先端が尾状に伸びる鱗片をつける。2017年6月22日 相模湖周辺 キヨズミイノデ、中軸中部には披針形で下部には鋸歯があり先端が尾状に伸びる鱗片をつける。2017年6月22日 相模湖周辺
(1),(2)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ中軸中部の鱗片

サイゴクイノデ(左)とキヨズミイノデ(右)の葉身比較。2018年5月28日 相模湖周辺 
サイゴクイノデ(左)とキヨズミイノデスオウイノデ(右)の葉身比較

サイゴクイノデ(左)とキヨズミイノデ(右)の葉身裏側比較。2018年5月28日 相模湖周辺 サイゴクイノデ(左)とキヨズミイノデ(右)の葉身裏側比較。2018年5月28日 相模湖周辺
(1)(2)サイゴクイノデ(左)とキヨズミイノデスオウイノデ(右)の葉身裏側比較
サイゴクイノデの胞子嚢群は一斉に黒く成熟しているが、キヨズミイノデの胞子嚢群は黒く熟さずあめ色になる。

キヨズミイノデ、葉身はやや光沢があり明るい緑色。2017年6月22日 相模湖周辺
(1)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ葉身

キヨズミイノデ、葉はやや光沢があり明るい緑色。2017年6月22日 相模湖周辺 キヨズミイノデ、胞子嚢群の付き方は乱れている部分もあるがほぼ耳垂に優先して規則正しくついている。2017年6月22日 相模湖周辺
(1)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ、羽片
(2)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ、最下羽片裏側

キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)、小羽片の表面は胞子嚢群の位置で膨らむ。2017年6月22日 相模湖周辺 キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)、小羽片の表面は胞子嚢群の位置で膨らむ。2017年6月22日 相模湖周辺
(1),(2)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ、小羽片

キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)胞子嚢群。2017年6月22日 相模湖周辺 キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)、胞子嚢群。2017年6月22日 相模湖周辺
(1)(2)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)スオウイノデ、羽片裏側

キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)、胞子嚢群。2017年6月22日 相模湖周辺 キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)、胞子嚢群。2017年6月22日 相模湖周辺 キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)、胞子嚢群。2017年6月22日 相模湖周辺
(1),(2),(3)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)、胞子嚢群

キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)、胞子嚢群。2017年6月22日 相模湖周辺 ⇒ キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)、胞子嚢群。2017年6月22日 相模湖周辺 ⇒ キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)、胞子嚢群。2017年6月22日 相模湖周辺
(1),(2),(3)キヨズミイノデ(サイゴクイノデ×イノデモドキ)の胞子嚢群の変化のようす(キヨズミイノデ)
イノデの仲間では、フィールドで雑種であるかどうかを判別する基準のひとつが胞子嚢群の付き方である。雑種のイノデの仲間ではまず(1)のように胞子嚢群は瑞々しく膨らむが、中の胞子は半透明で空っぽであったり大小バラバラであったり形が歪である。正常な胞子は黒く、形・大きさが整っている。
次に雑種の胞子嚢群は(2)→(3)のように胞子嚢が弾けずそのままだんだん委縮して固まり、葉(小羽片)の裏側に、凹んだお団子を積み重ねたように残存する。雑種でないイノデ類の場合は胞子が熟すとすぐに胞子嚢が弾け中の胞子を飛散させ、葉の裏には弾けたあとの胞子嚢(開いたグローブのような形)やその残骸を残すだけとなる。