クラマゴケ

イワヒバ科 イワヒバ属 Selaginella remotifolia

クラマゴケ2010,7,25嵐山北面

生育環境 相模湖嵐山付近ではウエットであまり下草が生育していない針葉樹林内に生育。嵐山の中腹部のやや平坦な針葉樹林内に生育している。生育範囲は限られるが、そのあたりの森一帯に広く成育する。
特  徴 常緑性。茎は匍匐して長さ20~40cm。胞子のう穂は四角柱状で長さは1cm前後。
出現数  4地点 個体数は多い。