クジャクフモトシダ

コバノイシカグマ科 フモトシダ属 Microlepia marginata var.bipinnata

クジャクフモトシダ、最下羽片は最大となる。2014年4月29日真鶴半島 
生育している環境:半島の頂部、乾燥気味の林床に10株程度の群落が数か所観察された。
観察された特徴ケブカフモトシダとイシカグマ ケブカフモトシダとフモトカグマの雑種と推定される。常緑性。葉の大きさは50~75㎝、フモトカグマに似るが葉身は2回羽状深裂で最下羽片はもっとも大きくなる。胞子のう群は小羽片の辺縁近くにつけ、小羽片裏側葉脈上や包膜上には長い毛を荒くつける。包膜はコップ状。
胞子の形状:包膜に包まれていて見えないが、胞子のうは空っぽで胞子のう群ははじけない。
生育確認数:1地点。真鶴半島。
クジャクフモトシダ、羽片は深~中裂する。2014年4月29日真鶴半島 下部羽片は深裂する。2014年4月29日真鶴半島
クジャクフモトシダ(上左)
クジャクフモトシダ、羽片(上右)
クジャクフモトシダ、胞子のう群(下左)
クジャクフモトシダ、包膜(下右)
上部羽片は切れ込みの深いフモトシダに似る。2014年4月29日真鶴半島 クジャクフモトシダ、葉の裏側の葉脈上には毛が密生し、胞子のう群は辺縁近くにつく。2014年4月29日真鶴半島


クジャクフモトシダ、中軸表側は無毛。2014年4月29日 真鶴半島 クジャクフモトシダ、中軸裏側は有毛。2014年4月29日 真鶴半島 
クジャクフモトシダ、中軸表側(上左)
クジャクフモトシダ、中軸裏側(上右)

クジャクフモトシダ、胞子のう群は弾けず胞子は不稔。2016年12月18日 神奈川県西部海岸 クジャクフモトシダ、胞子のう群は弾けず胞子は不稔。2016年12月18日 神奈川県西部海岸 クジャクフモトシダ、胞子のう群は弾けず胞子は不稔。2016年12月18日 神奈川県西部海岸
クジャクフモトシダ、包膜および胞子のう群(上左、上中、上)