ベニトウゴクシダ

オシダ科 オシダ属  

ベニトウゴクシダ 2014年4月29日 真鶴半島

生育している環境:半島先端御林内照葉樹林林床に生育。
観察された特徴:常緑性。観察された個体の大きさは70~80㎝、葉の表面には光沢がある。最下羽片下側小羽片は発達し3回羽状複葉。外観はトウゴクシダに似るが包膜は紅色(辺縁は淡色)。今回観察されたベニトウゴクシダはベニシダと同じ株(くっついて生育しているのかもしれない)から何枚かの葉を伸ばしていました。
生育確認数:1地点、1株。
掲載した画像は観察会で同行の方が撮影。胞子のう群、包膜等の画像は改めて掲載いたします。

ベニトウゴクシダ 2014年4月29日 真鶴半島
ベニトウゴクシダ、最下羽片