ホソバナライシダ Arachniodes borealis

オシダ科 カナワラビ属

ホソバナライシダ。2019年2月16日 大磯町 鷹取山 

生育している環境:山の上部、落葉広葉樹林下に生育。
観察された特徴:葉の大きさは50㎝程度。一般的には夏緑性であるが、大磯町では葉は倒れているが枯れていない。最下羽片が発達し葉は五角形。ナンゴクナライシダとの区別点は①葉柄には淡褐色の鱗片が密につく。②小羽軸には粗く毛をつける。③第2羽片下側(後側)第1小羽片は長く伸びる。

ホソバナライシダ、第2羽片下側(後側)第1小羽片は長く伸びる。2019年2月16日 大磯町 鷹取山
(1)ホソバナライシダ
(2)ホソバナライシダ、第2羽片下側(後側)第1小羽片

ホソバナライシダ、葉柄基部には淡褐色の鱗片を密につける。2019年2月16日 大磯町 鷹取山 ホソバナライシダ、葉柄には淡褐色の鱗片を密につける。2019年2月16日 大磯町 鷹取山
ホソバナライシダ、葉柄基部の鱗片
ホソバナライシダ、葉柄の鱗片

ホソバナライシダ、小羽軸上の毛はわずかに生える。2019年2月16日 大磯町 鷹取山 ホソバナライシダ、小羽軸上の毛はわずかに生える。2019年2月16日 大磯町 鷹取山
(1)(2)ホソバナライシダ、小羽軸上の毛