フジシダ

コバノイシカグマ科 オオフジシダ属 Monachosorum maximowiczii

フジシダ 2015年12月28日   
生育していた環境:チャートの岩壁および周辺の岩屑が堆積した斜面。崖上部はスギの樹冠に覆われる。同じ環境にオオフジシダやウスヒメワラビが生育。岩壁にはシシランが生え細長い葉を垂下させている。
観察された特徴:常緑性。観察された個体の葉の大きさは20~30㎝、葉は濃緑色で光沢がある。葉の形は線形で先端を長く伸ばし、先端には無性芽をつける。羽片上側基部には耳垂がある。胞子のう群は羽片の葉脈の先、羽片の辺縁につく。包膜はない。
生育確認数:1地点。秩父市

フジシダ、羽片裏側。2015年12月28日 フジシダ、包膜は無い。2015年12月28日
フジシダ、羽片裏側(上左)
フジシダ、胞子のう群(上右)

フジシダ、葉身の先は長く伸び、先端には無性芽をつける。2015年12月28日
フジシダ、無性芽



戻る