ヤマクラマゴケ Selaginella tama-montana

イワヒバ科 イワヒバ属

ヤマクラマゴケ。2021年8月24日 奥秩父 大血川

生育している環境:石灰岩を含む岩石周辺。日陰のウエットな岩壁に群生。
観察された特徴:タチクラマゴケに似るが植物体そのものがずっと小さい。葉の先に葉を込み合ってつける広披針形の胞子嚢穂を葉の先に1~3個つける。

切り立った岩壁に群生するヤマクラマゴケ。2021年8月24日 奥秩父 大血川
切り立った岩壁に群生するヤマクラマゴケ

ヤマクラマゴケ、胞子嚢穂。2021年8月24日 奥秩父 大血川 ヤマクラマゴケ、胞子嚢穂。2021年8月24日 奥秩父 大血川
(1)(2)ヤマクラマゴケ、胞子嚢穂

ヤマクラマゴケ、胞子嚢穂裏側。2021年8月24日 奥秩父 大血川 ヤマクラマゴケ、胞子嚢穂裏側。2021年8月24日 奥秩父 大血川
(1)(2)ヤマクラマゴケ、胞子嚢穂裏側


戻る