ウチワゴケ

コケシノブ科 アオホラゴケ属 Crepidomanes minutum

ウチワゴケ 2011年8月27日 稲城

生育していた環境:銀杏の樹幹(北面)に群生。
観察された特徴常緑性。葉の大きさは1cm前後、フキやスイレンのような形の葉をつけ、辺縁は浅~中裂する。胞子のう群は葉の一部につき、包膜はラッパ形。
生育確認数:1地点。読売ランド駅。

ウチワゴケ、樹幹一面に群生する。2011年8月27日 稲城
ウチワゴケの群生

ウチワゴケ、葉の一部に胞子のう群をつける。2011年8月27日 稲城 ウチワゴケ、ラッパ状の包膜の内側に胞子のうが見える。2011年8月27日 稲城
ウチワゴケ、胞子のう群(上左、上右)