イタチベニシダ(ベニオオイタチシダtype)

オシダ科 オシダ属

ベニオオイタチシダ 2014年12月30日 稲城

生育していた環境:スギ林林床~夏緑広葉樹林林床まで生育。
観察された特徴常緑性。葉の大きさは70~120cm、葉の大きさはオオイタチシダの各typeの中で最大、ここ稲城のスギ林内でもよくその特徴が現れている。葉は薄い感じで表面に光沢がありアイロンをかけたように平。若い包膜では中央が紅色(色の濃さは変化に富む)。
生育確認数:1地点 5株。稲城南山スギ等植林

イタチベニシダ(ベニオオイタチシダtype)、下部羽片。2014年12月30日 稲城 イタチベニシダ(ベニオオイタチシダtype)、新芽の色。2015年5月8日 稲城
イタチベニシダ(ベニオオイタチシダtype)、下部羽片(上左)
イタチベニシダ(ベニオオイタチシダtype)、新芽(上右)