ツヤナシイノデ

オシダ科 イノデ属 Polystichum ovato-paleaceum

ツヤナシイノデ 2012年8月1日 稲城

生育していた環境:スギ植林地内林床に数株がまとまって生育。
観察された特徴常緑性。葉柄には広卵形の大きな鱗片と披針形の鱗片が混ざってつく。中軸には淡褐色で丸い鱗片を密につける。葉の大きさは50~60cm。葉の表面は艶が乏しく淡い緑色。胞子のう群は葉身の上側あるいは羽片の先からつけ、小羽片の中間につく。
生育確認数:1地点、2株。稲城南山周辺スギ植林。

ツヤナシイノデ、葉柄には淡褐色の鱗片をつける。2012年8月1日 稲城 ツヤナシイノデ、葉柄には広卵形の大きな鱗片と披針形の鱗片が混ざってつく。2012年8月1日 稲城
ツヤナシイノデ、葉柄の鱗片(上左)
ツヤナシイノデ、葉柄の鱗片(上右)

ツヤナシイノデ、葉の表面は光沢が乏しく淡緑色、葉身の先は尾状にはならない。2012年8月1日 稲城 ツヤナシイノデ、中軸には淡褐色で丸い鱗片を密につける。2012年8月1日 稲城
ツヤナシイノデ、葉身(上左)
ツヤナシイノデ、中軸の鱗片(上右)

ツヤナシイノデ、胞子のう群は葉身・羽片の先から付き、小羽片の中肋と辺縁の中間につく。2012年8月1日 稲城 ツヤナシイノデ、胞子のう群は正常。2012年8月1日 稲城
ツヤナシイノデ、胞子のう群(上左)
ツヤナシイノデ、胞子のう群 拡大(上右)