ヒロハイヌワラビ

メシダ科 メシダ属 Athyrium wardii

ヒロハイヌワラビ 2015年4月12日 稲城

生育していた環境:スギ林林床、数株がまとまって生育。
観察された特徴:夏緑性。葉の大きさは15~35㎝、ヤマイヌワラビなどにくらべると葉は厚みがある。羽軸には微毛は生える。小羽片の耳垂は発達せず鋸歯はほとんどない。胞子のう群は緩やかな三日月形。
生育確認数:1地点、3株。稲城南山。

ヒロハイヌワラビ 2015年4月12日 稲城
ヒロハイヌワラビ

ヒロハイヌワラビ、羽片。2015年4月12日 稲城 ヒロハイヌワラビ、胞子のう群。2015年4月12日 稲城
ヒロハイヌワラビ、羽片(上左)
ヒロハイヌワラビ、胞子のう群(上右)