ホソバトウゲシバ(広葉型)

ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属 Lycopodium serratum

ホソバトウゲシバ(広葉型)2014年12月30日 稲城

生育していた環境:テイカカズラやヤブコウジなど丈の低い林床植生が生育するような林床に3本~15本程度の小さな群落をつくって点在して生育。
観察された特徴常緑性。植物体の大きさは10~25cm。葉は倒披針形で中央寄りの先で最も幅が広く最大3mm程度あり先端には鋸歯がある。立ち上がった植物体の上方の葉の付け根に二枚貝状の胞子のうをつける。植物体の頂部には無性芽をつける。
生育確認数:1地点、5群落。稲城南山周辺スギ植林。

ホソバトウゲシバ、胞子のう(広葉型)2014年12月30日 稲城
ホソバトウゲシバ、胞子のう(広葉型)