ホラシノブ

ホングウスダ科 ホラシノブ属 Sphenomeris chinensis

ホラシノブ 2011年8月27日 稲城

生育していた環境:林縁の上部が樹冠に覆われたやや陽当たりのよい崖に群生。
観察された特徴常緑性。葉柄は細くて硬く光沢がある。葉の大きさは35~50cm。葉は4回羽状に分かれ、裂片の先は扇形となる。冬季は紅葉する。胞子のう群は裂片の先にコップ状につく。
生育確認数:1地点、稲城南山周辺夏緑広葉樹林。

ホラシノブ、羽片は4回羽状に分かれる。2011年8月27日 稲城 ホラシノブ、胞子のう群は裂片の先につく。2011年8月27日 稲城
ホラシノブ、羽片(上左)
ホラシノブ、胞子のう群(上右)