エゾノヒメクラマゴケ

イワヒバ科 イワヒバ属 Selaginella helvetica

エゾノヒメクラマゴケ 2013年6月22日
生育していた環境:須雲川中流域道沿いの石垣に生育。陽当たりのよいところでは夏でも紅葉する。
観察された特徴:常緑性。腹葉・背葉を込み合ってつけ、栄養葉は腹葉は卵形~広卵形。胞子をつける枝では腹葉・背葉とも卵形で背葉は大きくなる。腹葉・背葉の辺縁には鋸歯がある。胞子のうをつける側枝の先のほうは立ち上がり、腹葉・背葉は同形になり非常に込み合ってつけ、胞子のうをつける。日あたりのよいところでは紅葉する。
生育確認数:2地点。箱根須雲川。

エゾノヒメクラマゴケ、栄養葉。2013年6月22日 エゾノヒメクラマゴケ、胞子のうをつける側枝は立ち上がり腹葉・背葉は同形。2013年6月22日
エゾノヒメクラマゴケ、栄養葉(上左)
エゾノヒメクラマゴケ、胞子葉(上右)




標本2
エゾノヒメクラマゴケ 2013年6月22日
石垣に生育するエゾノヒメクラマゴケ

エゾノヒメクラマゴケ、栄養葉(右)と胞子葉。2013年6月22日
エゾノヒメクラマゴケ、栄養葉(右)と胞子葉

エゾノヒメクラマゴケ、栄養葉は広卵形。2013年6月22日 エゾノヒメクラマゴケ、胞子葉は同形で込み合ってつける。2013年6月22日
エゾノヒメクラマゴケ、栄養葉(上左)
エゾノヒメクラマゴケ、胞子葉(上右)