ハコネタチクラマゴケ(仮称)タチクラマゴケ似のシダ

イワヒバ科 イワヒバ属

須雲川沿いのウエットな石垣に生育するハコネタチクラマゴケ(仮称)2013年6月22日 奥湯本
ハコネタチクラマゴケ(仮称)タチクラマゴケ似のシダ

生育している環境:須雲川沿いのウエットな石垣に群生。

観察された特徴:腹葉・背葉ともにタチクラマゴケより小さく、葉の質は薄く柔らかい。腹葉はタチクラマゴケよりも丸い広卵形。。小さい背葉を茎上につけるが先端はそれほど反り返らない。長さ2~3㎝程度の胞子嚢穂をつける。胞子嚢穂は、枝分かれせず、ヤマクラマゴケほどではないが胞子嚢穂下部の腹葉が長さ・幅とも大きくなり上部の腹葉は小さくなる。(タチクラマゴケは胞子をつけた枝を8~12㎝立ち上げ、途中で枝分かれすることがあり胞子嚢穂として区別しがたい。)

群生するハコネタチクラマゴケ(仮称)<del>タチクラマゴケ似のシダ</del> 2013年6月22日 奥湯本 
ハコネタチクラマゴケ(仮称)タチクラマゴケ似のシダ