マムシヤブソテツ3(テリハヤマヤブソテツ×ナガバヤブソテツ)と推測される

ハタジュクヤブソテツ(テリハヤマヤブソテツ×ナガバヤブソテツ)(仮称)2016年6月24日訂正

オシダ科 ヤブソテツ属 Cyrtomium fortunei var.clivicola×Cyrtomium devexiscapulae

ハタジュクヤブソテツ

生育している環境:スギ林内、やや陽当たりのよい山道沿いの崖に生育。
観察された特徴:テリハヤマヤブソテツ(ヒラオヤブソテツ)とナガバヤブソテツの雑種と推定される。付近にはナガバヤブソテツが生育している。常緑性。葉の大きさ50~60㎝、葉は厚く表面には光沢がある。下部羽片には胞子のう群はつかず、幅が広く耳垂が無く、基部は心形~円形。中~上部羽片には胞子のう群がつき、羽片の幅が狭くなり耳垂があり基部はしだいに楔形となる。頂羽片がある。包膜は円形で辺縁には鋸歯があり、中心は褐色を帯びる。テリハヤマヤブソテツにくらべ2形性ははっきりしない。
生育確認数:2地点、2株。畑宿。

ハタジュクヤブソテツ 
ハタジュクヤブソテツ

下部羽片には耳垂がない。 中~上部羽片には耳垂がある。
ハタジュクヤブソテツ、下部羽片
ハタジュクヤブソテツ、中~上部羽片

包膜の中央には栗色が入る。 
ハタジュクヤブソテツ、胞子のう群

包膜の辺縁には鋸歯がある。 包膜の辺縁には鋸歯がある。
ハタジュクヤブソテツ、包膜(上左、上右)